9月5日深夜未明に、人気声優間島淳司が自身のTwitter更新。“声優マルチタレント化”に苦言を呈して話題になっている。

 間は、「気づけば声優さんもこうやって普通テレビに出る職業になって来たんだねー はー困ったw そんなつもりでこの仕事したわけじゃなかったというのに… もう『声優』って言い方やめて『マルチタレント』でいいんじゃないかって思うときあるよねw」とツイート。その後「だからこそ声優拘りたいんだけどねー マルチタレントはムリだw」と自身の考えを明らかにした。

 同時間帯は声優梶裕貴が出演した、『ナカイの窓』(日本テレビ系)が放送されていた頃。間も「お、ナカイの窓アニメ特集だ!」とツイートしていることから、同番組を見ていたと予想できる。

 間の苦言にネット上からは、「まったくもってその通り!」「たしかに声優テレビ出ていると、『なんか違うだろ』ってなる自分がいる」「私もアイドル声優マルチタレント化してきてて、なんだかなぁって思ってた」とのが。声優はもともと裏方の仕事なので、間の皮に賛同する人も多いようだ。

 しかし、「ニーズがあるから応えているんだろう」「長く活動する上で、声優タレント化って選択肢アリだと思うよ」「実があるからマルチタレントとしても活躍できるのでは?」といったも。実際、声優テレビ出演して歓喜のが上がることは多い。

 梶が出演した『ナカイの窓』放送時は、「ナカイの窓に出てる梶くん半端ない…。ほんとに惚れ惚れする」「梶くんトーク上手いし謙虚だし、どの発言にもがあって素敵だった」「梶くんやっぱイケボテレビで梶くんが見られるって幸せ」などのが上がっていた。

 また今年6月には浪川大輔吉野裕行福山潤会を務めた『~声優通販バラエティーイケボde生ポシュレww』(日本テレビ系)という通販番組が放送され、「最初から最後までしっかりと通販番組みたの初かもしれない」「プレゼン上手すぎてちょっと本気で購入を考える自分がいる」「初めて通販番組で笑ったわ。企画新でかった」といった好評のが。

 お笑いコンビ天津向清太朗も、自身のTwitterで「楽しかった! 最後普通に注文するモードモニター見てしまってた。それくらい商品の質の高さと演者の魅が詰まってたんだと思います!」と絶賛している。

 マルチタレント化だけでなく、“アイドル化している”とも言われている現在声優たち。声優のニーズが変わりつつあり、今はひとつの過渡期を迎えているのかもしれない。

アイムエンタープライズ公式ホームページより


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

マルチタレントせざるを得ない何かがあるはずなんだよな。所属事務所然りニーズ然り。そもそも声だけだとマジで数十年居座られてしまう。毎年学校卒業してくるのに声優だけだとどう考えても席は無いと思うんだ…


声優としての仕事が来ない声優もいるんですよ


声を聴いてキャラではなく声優の姿が思い浮かんでしまうようでは問題があるとは思うので、基本的には賛成。同じ理由で俳優が声をあてることには反対。よい声を持っているのに才能が埋もれる可能性もあるし。とはいえ時代の趨勢としてマルチタレント化は止まらんかもなあ。


もうちょっとしたらVtuberみたいなキャラ出してアドリブ全開なのが席巻するやろ。TV界生身では表現無理だがアニメだと表現OKな世界になりすぎたし。


もう22/7という秋元康がプロデュースするプロジェクトが動き出してるね


わかる


声優は元々演劇の合間にやっていた小遣い稼ぎみたいな職業だっただろ舞台だろうとアニメだろうとテレビのバラエティ出演だろうと色んな事をやるのが芸能活動だろうよ


声優は声だけの出演だからこそ価値がある。マルチタレント化したら芸人みたいにすぐ切り捨てられるよ。


よーく分かる。声優は声のお仕事だからね。それと梶裕貴大嫌い


山寺宏一さんが鶴の一声で話題性を取るためにトイストーリーの配役を変えられた悔しさから名前と顔を売るためにマルチタレント的な活動を始めたのは有名な話だし人気商売である以上必然だと思いますね


別にニーズがあるからタレント化しているわけでは無い。元々、声優なんてニッチな職業に人が集まりすぎたから売り方を必死に考えているってだけ。


今では芸能人が声優にチャレンジ!で一本取っていってしまう事もあるわけで、アニメだけじゃなくナレーターでも声優ではない人が担当してしまう事も多い。人はいるのに依頼はしない。誰か分からない人より有名人の方がネームバリューがあるから。なら声優も有名になれば良い。という考えじゃないかな。現に今は有名になればアニメの内容に関わらず見る人が多いのだから


まじにぃ好きだが、人気声優かどうかは分からん・・・


自分もマルチタレント化したかったんだよね。


テレビ出る方がアニメで声当てるより儲かるだろうから、声優は本職とは言えなくなるよなあ。


それ言い出したら芸人はドラマ出んなだし歌手も歌う以外で表に出るななんだよな。結局商売として成り立つかであって下々民のアリナシは好き嫌いでしかない。


役者が自分の個性を売るのはどうかとは思う。声優に限らず。物語のキャラクターを見てるのに、声優の個性に引っ張られたり、声優自身が透けて見えたりするのは違うんじゃないかなと。反面、所謂普通の役者が映画や吹き替えで声優の仕事を奪い、しかもクオリティが低いという物も散見されるので、仕事を守るためには仕方がないかなとも思う。


それは事務所に言え


結局「色々できる」人と「声優として抜群に上手い」人の二極化…にはならず、色々できる人が声優としても上手いってのが実情だと思う  本当にアフレコ・吹き替え・ナレーション一本で仕事してる人なんてまずいないでしょ? 間島さんだってラジオや舞台やってるんだし


私は間島さんに同調します