育児やLGBTなど、社会的な話題を取り上げることで注を浴びている『HUGっと!プリキュア』(テレビ朝日系列)。10月7日の第35話「命のき!さあやはお医者ん?」では、作中で「帝王切開」が登場し話題を呼んでいる。

今回の放送は、主人公野乃はなや友人の薬師寺さあやたちが病院を訪れ、医師仕事を体験するという内容だった。産婦人科のシーンでは、第二子が逆子のため帝王切開での出産を控える母親が登場。母親は「(生まれてくる)次の子には璧な子育てをしようと。なのに最初からつまずいて」と帝王切開を「つまずき」と感じているようだ。しかしそれに対して、女性の産婦人科医は、

帝王切開はつまずきじゃないわ。立なお産よ」

と励ました。


「20年間心に刺さっていたトゲを今になってアニメが抜いてくれるとは」


プリキュアはテレビ朝日系列で放送中

痛分娩や帝王切開など、自然分娩以外の出産方法に対しては、未だに偏見が残っている。実際に帝王切開で子どもを産んだという人たちは、

「『楽して産めて良かったね』とか『少しくらい痛い思いしたほうが産んだ気になっていいんじゃない?』とか言われてきてほんとに嫌だった」
「親族に『痛を経験しないと本当の母親とは言えない』『あんたの逆子体操が悪かったんじゃないのプギャー」と言われて泣きながらブチ切れた」

ツイートしていた。そうした偏見を覆すような内容に「今日プリキュアすごくない?」「20年間心に刺さっていたトゲを今になってアニメが抜いてくれるとは」と称賛のが相次いだ。

インターネット上の医療情報に触れる場面もあった。さあやは帝王切開についてネットで調べ、「赤ちゃん体にとっても安全な方法って書いてありました。ネットにあるお母さんたちのネガティブなものばかりじゃなかったんです。あやちゃんのお母さんに教えてあげれば、不安も和らぐかも」と医師に相談していた。

しかし医師は、「理論上はね。でも手術を受ける母親の気持ちは別よ。ネットにはいろいろ有意義な情報があるわ。けど、あのお母さんやあのお母さん赤ちゃん情報があるわけじゃない」と釘を刺した。ネット情報みにしないことの重要性と、医師として患者の気持ちに寄り添うことの必要性を説いたようだ。


子ども目線の不安には「お姉ちゃんになる時誰もが思うこと」と共感

また今回の放送では、が生まれることに対する長女・あやのも描き出した。が生まれ「おちゃん」になるあやが「なんていらない。が生まれなければ、ママあやのママでいられるのに」と泣き崩れたシーンにはあ、「ができたら、おちゃんになる時もがちょっとは思うこと」と共感するが上がっていた。

プリキュアでは過去にも出産を取り上げている。8月12日放送の第27話「先生パパ修業!こんにちは、あかちゃん!」では、終盤、約3分間にわたって出産シーンを描き話題を呼んでいた。




(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ニチアサはたまにこういう風刺やってくれるから好き


負担なく出産できるならそれに越した事ないのにね。無責任に軽々しく苦しむ事にこそ価値があるとか言っちゃう人が居なくなるといいね。


青キュアのメイン回にハズレ無し


帝王切開が楽っていう感覚がわからん…腹切ってでかい物体取り出す想像しただけできっついんだけど


>『あんたの逆子体操が悪かったんじゃないのプギャー』 こんな親族は嫌だ


帝王切開も勇気の一つ。


プリキュアが出産するのかと思ったら違った


思い出したのは、ドラゴンボール超でブルマが妊娠してて、ブラ(トランクスの妹)をウイスが魔法みたいなもので取り出しちゃった事。あれは賛否両論だったけど、あれも超安全な帝王切開(切開してないけどw)みたいなものと考えれば有りなんじゃないかな?と。ブルマもそれで怒ってた訳でも無いし。


こういう話をやるのが悪いってわけでは全然ないけど、なんかハグプリって前の男の娘の時の話といいファンがヘンな方向で持ち上げてる印象あって、ハグプリ自体は嫌いじゃないのに他のプリキュアと違ってめんどくせえのが味方についてる感あんだよなぁ


そもそもなぜ帝王の字があてられてるのか、帝王切開とは何かを知ってるだけでも印象大分かわるけどな


薄い本かと思った


++>自然分娩の場合「出口が小さい」から無理やり広げつつ出てくることになるので痛いし苦しい。その分必要な大きさだけ開ける帝王切開のほうが負担は少ないと言える。傷跡とかの問題って今どうなってるんだろう


うちの嫁さんのお産は緊急帝王切開だった。赤ちゃんの心音が突然無くなったからだ。運よく分娩室の中まで入れて、嫁の手を握りつつその一部始終に立ち会えた。普段は強気な嫁も、顔から血の気が引いていた。お医者さんやスタッフ含め、その場の全員が赤ちゃんの無事を祈った。取り上げた子が元気な産声を上げた瞬間を、自分は一生忘れないと思う。あれがお産で無くて何がお産なのか。


付け加えれば、出産は実際に産む瞬間だけの話では無い。妊娠から出産までの長い時間をかけた準備の果てに迎えるものだ。さらに、帝王切開の場合、術後の辛さは自然分娩の比では無い。麻酔が切れた後の数日は本当に辛い。特に直後はもはや眠れるレベルでは無い。体力が低下している中でそれが来る。そして初乳も与えなければいけない。決して、めっちゃ楽な出産方法などでは無いよ。


産むだけの体力や能力がないんだから母親の資格がないみたいなレッテルを貼る*なおばさんが親戚にいた


>「帝王切開は立派なお産」  梅キュア系の名乗りかと思ったゾ


帝王切開に対しての偏見ってあるの?今まで聞いたことないんだけど


母子ともにリスクが高く危険な出産方法てイメージくらいかな


昔からプリキュアにはいろんなことを教えられてきたなぁ・・・


なんでこう昔ながら至上主義がいるんだろう?石を砕いた槍を持って生水飲んで鹿でもイノシシでも狩って生活すればいいのに