死亡したはずの男性が葬儀の2カ月後にひょっこりと帰宅し、家族を驚愕させるという出来事がカザフスタンであった。

死んだとされていた人が実は生きていたというニュースは、決して珍しくない。しかし、今回の出来事は、DNA鑑定によって死亡が確認されていたという点で奇異な事件と言える。

出稼ぎに行った63歳の男性

海外メディアの報道によると、事の起こりは4カ月前の7月9日カザフスタンTomarlyという村に住む63歳の独身男性Aigali Supugalievさんが行方不明になった。

実は、Supugalievさんは遠方の農場に4カ月契約で働きに行っていたのだが、村に住む親類たちはそれを知らず、警察に失踪届けを出したという。

Supugalievさんの自宅付近で死体が見つかったのは、それから2カ月後のこと。親類たちは当然、最悪の事態を予想した。死体は損傷が激しく身元の特定が困難だったため、DNA鑑定が行われた。

DNAが99.92%一致

鑑定の結果は、Supugalievさんと死体のDNAの99.92%が一致というもの。つまり、死体は同様の確率でSupugalievさん本人ということになる。

この結果に基づいて正式な死亡診断書が発行され、親戚一同は葬儀を執り行い、Supugalievさんの遺体はアティラウ市近郊にある墓地に埋葬された。

ところが、その2カ月後、死んだはずの人間がぴんぴんして帰って来た。

Supugalievさんが帰宅した時のことを、兄弟のEsengaliさんは海外メディアにこう話している。

その時、娘のSauleがいたのですが、娘は「死んだ」伯父さんが元気に帰って来たのを見て、ほとんど心臓麻痺を起こしそうでしたよ。

彼の死はDNA鑑定で確認されたものです。私たちはそれを信じて、お金をかけて盛大な葬儀を行いました。でも、お金のことはどうでもいいんです。私たちが埋葬したのは誰なんでしょう? その人の親類たちは、その人を探しているのではないでしょうか。

鑑定ミスなのか?

親戚一同からは、鑑定方法にミスがあったのではないか、それならば葬儀費用を補償してもらおうという意見が上がっているそうだ。

今回の鑑定を行ったAkmaral Zhubatyrovaさんはこう話す。

DNA鑑定の結果だけから、死体の身元を完全に特定することはできません。可能性がどれだけ高くても、残りの0.08%を忘れてはいけないのです。

ところで、元気に帰宅したSupugalievさんは、自分の墓石に埋め込まれるはずだったプレートを持って写真を撮るというちょっとしたブラックユーモアを披露している。

DNA鑑定で99%一致して死亡を確認されたはずの男性が、葬儀の2カ月後に元気に帰宅する


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

クローンかな?


じゃあその限りなく本人に近い人は誰なんだよ


漫画の設定みたいな、生き別れた双子の弟とかかな?


スワンプマンかな?


*だ人間が実は生きていた。男塾ではよくある事さ。


とはいえ0.08%じゃあなぁ… 理論上ありえる、ってもさ…


せつねぇ…。火葬した人にも探してた人がいたのかなとか。映画みたいな話だ