【ロサンゼルス時事】米カリフォルニア州サウザンドオークスの飲食店「ボーダーライン・バー・アンド・グリル」で7日午後11時20分(日本時間8日午後4時20分)ごろ、男が拳銃を乱射し、米警察は、12人が死亡したと確認した。店内で11人が死亡していたほか、駆け付けた警官1人も犠牲になった。他に10~15人が負傷した。犠牲になった12人とは別に、容疑者の男も店内で死亡しているのが見つかった。

 米紙ロサンゼルスタイムズは、目撃者の話として、黒の洋服に身を包み、布で顔を隠した男が発煙筒を投げたと報道。別の目撃者は、同紙に「(男は)少なくとも30回以上撃った。みんなが去った後も銃声が聞こえた」と語った。何かを叫んでいたと訴える証言もある。

 ボーダーラインは、カントリー音楽やダンスが楽しめる店で、7日夜は大学生向けのイベントが開かれていた。事件当時は数百人が店内にいたとみられる。

 現場は、ロサンゼルス中心部から西へ約60キロ離れている。 

〔写真説明〕8日未明、米カリフォルニア州サウザンドオークスで、発砲事件直後、抱き合う女性たち(EPA時事)

8日未、米カリフォルニア州サウザンドオークスで、発砲事件直後、抱き合う女性たち(EPA時事)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

でも銃規制はしない


カリフォルニア民主党が勝った次の日にぶっ放したってのがこう…テロだとしたら効果的よなぁ… ご冥福を


発炎筒とはやっかいな手段を思いついたな。乱射する側は適当に撃ちまくればいいが、まわりは逃げにくい上に反撃しにくい。かなり有効な手だな、


いい加減銃規制するべし。どう考えたって簡単に乱射魔が出没するのが自衛の為になってるとは考えられない


発炎筒+銃は、無差別テロには最強に近い組み合わせだな・・・・・


もうかる商売を簡単に手放すわけないよ。所詮、世の中なんてそんなもん。


ライフル協会「客が全員銃を持っていれば防げた」


ライフル協会「銃の所持者が問題であって銃は悪くない」


銃乱射を許容している社会だからあきらめるしかない。


銃社会こっわ。大量殺人があまりにも容易すぎる。


憲法で武器の携帯が保障されてる国で規制は難しいんじゃないですかねえ。


アメリカで作られた武器がアメリカに向けて使われるか...皮肉な地産地消だな


こいつらは警官がその場で死刑にするから死刑が無くてもいいんだよなぁ。


米が銃規制しないのって、日本がパチンコ規制しないのと同じ様な、独特のお国事情だと思う。


まぁ今更規制してもどうしようもないというのがあるのですが。少しづつでも条件が厳しくなっていけばいいなとは思いますよ。


これはもうしょうがないよ。今更規制強化なんてできないし、ライフル協会様の言う通り常に銃を携帯して、もし発狂した奴が出たら*れる前に*か、弾が当たらないことを祈りながら逃げるしかない。日本には銃刀法があって本当によかった


普通のデメリット(悪用される)。メリットとデメリットを比較して、銃の所持を認めたのだからこれからも同様の事が起きる事を理解して、各人で警戒するしかない。身の回りで起きて嘆き、撃たれて呪う事は続いていく。そう言えば、民間人が防衛で銃の使用をした事件は、配慮で記事になってないだろうけろうど、実はどのくらいあるんだ?


銃はパチンコと違って違法性はない。というか憲法に定められた権利だから。


ちょっと待って、カリフォルニア州って、米国でもかなり銃規制が厳しいほうだぞ!?そこで銃撃があったなんて、しかも犯人は髭の生えた若い中東系だと聞くが、まさかIS国の仕業とかじゃなければ良いが。中間選挙を利用したテロだったら、イスラムへの偏見が再加熱してしまう!


昔誰かが言ってたけど、弾の値段を税金でもかけまくってバカ高くすればいいのに。単純に買える弾が少なければ相対的に被害者も減るよね。ガチのテロには意味ないかもだけど個人が起こす乱射事件には効果ありそう